京阪八幡市駅前。国宝・石清水八幡宮の麓にある創業100年以上の歴史あるお店です。

朝日屋名物・鯖の棒寿し
三陸より仕入れた厳選の国産サバを朝日屋の職人の味と技で加工し、長年、顧客の方より高評価をいただいております。
ちょっと贅沢な鯖寿しですが。京の都では古くから祭り事(ハレの日)の際には鯖寿しを食べる風習がありました。

若狭より都まで塩で〆たサバを運び古人の知恵と工夫で、加工した贅沢な食べ物として、愛される代表的な京料理のひとつです。

ぜひ石清水八幡宮へお越しの際には、朝日屋名物をお召し上がりください。
また、お取り寄せでもクール便にて地方配送いたしております。
贈り物やご家庭でもご堪能ください。

美味しい鯖を世界三大漁場から

朝日屋の鯖は、日本海からの親潮(寒流)と太平洋の黒潮(暖流)の交わる世界三大漁場とも呼ばれる八戸沖の三陸漁場で揉まれた特に脂の乗った良質な鯖を使用しています。

秋から冬場を経て翌年の春にかけ特に身の引き締まった美味しい鯖を堪能することができます。
その鯖に適した塩加減、酢加減を長年の加工の技と、味のバランスを考えながら常に調理しております。

とても美味しく大人気の鯖寿司と鯖のきずしを是非ご賞味ください。

厳選された八幡の米と野菜

店主の同級生の農家等から取り寄せた地の米や八幡及び八幡近隣の新鮮野菜・地野菜・京野菜等を多く使用することにこだわっています。
中でも、米は店主の友人が八幡の内里で育てた「ヒノヒカリ」を使用しており、使用する度に精米をしていますので、鮮度の良い米をお召し上がり頂けます。
「米は育った地域の水で炊くのが一番うまい」が生産者の口癖!
常に朝日屋のシャリのことを考えた美味しいお米作りに励んでくれており
店主も最高のお米農家だと信頼して取引をしております。

特選素材を最高の鮮度で

長年続く仕入れルートと、店主が京都卸売中央市場での就業経験などを生かし、特選素材を仕入れています。

毎日新鮮な素材を仕入れ、ピチピチの海鮮食材を使用。
特に鯖はもちろんのこと、本マグロは常時お客様に美味しいものを提供できるように心掛けています。ご来店の際は美味しいキズシや本マグロをお召し上がりください。

こだわりぬいた天ぷらと出汁

天ぷらは白絞油とサラダ油をブレンドしカリッと揚げることに、こだわっております。

出汁は長年先代より受け継いだ取り方で毎日早朝より出汁をひいています。
利尻昆布で昆布ダシを取った後、主な削り節として、サバ節を使用しています。ウルメ節をブレンドし、カツオ節を追いがつおし、出汁をひいています。
香りもよく、濃厚な出汁の味を堪能できるように心がけています。

ぜひ、自慢のお出汁のきいた、うどんや、お蕎麦もお召し上がりください。